あなたと交通事故の弁護士

交通事故にまつわることなら何でもお任せ

的確にアドバイス

通常、交通事故に合った場合は加害者の保険会社が示談金などの提示をしてきます。しかし、提示される金額は法定で定められた以上ではありません。これは保険会社が損害を補償するように定めているからです。 そのため、被害者の立場では不満や不服が出ることがあります。第三者的にみても、明らかに低い場合もあり、双方は対立してしまいます。 そのような場合、交通事故の弁護士に依頼して、法律上請求できる正しい金額を交渉しましょう。 交通事故の損害は「自賠責保険基準」と「任意保険基準」と「裁判所基準」の3種類があります。それぞれ、目的が異なりますし、事故の状況によっても左右されます。また、加害者側の保険会社が提示する金額が自賠責保険基準を上回っていたとしても、裁判所基準よりも低い場合があるのです。 そのような場合に、弁護士に示談交渉を依頼すると、納得いかない点を的確に指摘してくれるだけでなく、裁判所基準を用いた示談交渉を行うので賠償金の増額が可能なのです。

経験豊富で頼れる弁護士探しなら


Copyright(c) 2011あなたと交通事故の弁護士. All Rights Reserved.